-

(全損)とはその名が示すように全部が壊れてしまったことで結果的に走行が出来ないように乗り物としての役割を果たせなくなった状態で使いますが、自動車保険においての「全損」はちょっと同様ではない内容が込められています。保険においては自動車が壊れた状況で「全損と分損」などと2つの状況に区分され「分損」は修理費が補償金でおさまる場合を表現し反対に【全損】とは修理費が補償金を超えてしまう状態を言い表します。通常では、乗用車の修理で(全損)という場合エンジンに取り返しのつかないダメージを抱えていたり自動車のフレームが歪んでいたりして修理が難しい場合リユースか廃棄となるのが当然です。けれども、車の事故を起こして業者や自動車保険会社が修復費を推定した際に、どんなに見た目が問題なく修理が可能な場面でも修復の費用が補償よりも高かったら何の目的のために自動車の任意保険に入っているのか分からなくなりそうです。そういった場合では、《全損》と決めて車の所有権を車の保険屋さんに譲って保険金額を負担してもらうことになっています。当たり前の事ながらかなりの間乗った愛車でこだわりがあり自分でお金を出して修理をしてでも乗りたいというドライバーはけっこういらっしゃいますから状態に応じて自動車保険の会社と話し合ってみるといいのかもしれません。そして、 乗用車の保険によってはそのようなケースが考慮されて車両全損時諸費用補償特約など『全損』の時のために特約つけている場面がたくさんあり、たとえ自分の車が『全損』なった時でも車を買い換えるなど必要費用を一部分でも払ってくれる場合もあります。さらに盗まれた場合の保険の特約をつけてると、盗難被害にあった車が発見できないケースでも全損の扱いで、補償されるようになっています。