-

考えもせずに出あってしまうのが車の事故です。そこでどう行動する結果が原因となり、保険料の支払いもかなり大きく変わる状況も予測できますので冷静な考え方と対応力が重要です。予期せぬハプニングでパニックになってしまったならば必要な対応を逃してしまいこの先損をすることも想像できるので事故をしたケースは正確に以下に記述した行動するとよいかもしれません。事故を起こした状況で最初にする必要があるのは負傷した人の状況の確認です。乗用車の事故の後すぐは動揺して呆然としてしまう場面がありすぐには行動できないのが当たり前です。その場面では、負傷者がいた場合は危なくない地点に移動して応急手当を行って周囲の人に助けを呼ぶなどして要救助者最優先に努めることが重要です。119番通報する時には適切な事故現場を知らせて、分からない状況では周囲のよく知られている建造物や場所名を伝えて事故が発生した地点が分かるようにします。その後で110番に連絡して、交通事故が発生したこと、そして現在の状況を知らせます。救急車と警察を待っている時間に負傷者のことを確認します。姓名、連絡先、免許証番号、車のプレート事故の相手側の保険会社のようなお互いの情報を伝えます。特に相手側にミスがあるような場合現場でやり取りしようとすることがありますが現場で結論を出すのではなく、どういう場面にかかわらず警察や保険の会社に知らせてきちんと判断してもらうようにしましょう。互いの内容を教えたら交通のさまたげにならないために妨げとなる物道路から除去します。どうしても障害となった物が他人の自動車の障害物となっている場合には自分と相手の情報を交換するより先にこの対応を終わらせてしまっても構いません。次に自分がお金を払っている保険屋さんに連絡して交通事故があった事を知らせます。一定の期間の内に自動車の保険会社に連絡を入れないと車の保険の適用除外となる場合もありえますので極力素早く電話をすることが大切です。また事故現場の証拠になるように、カメラやタブレットで状況や事故車の破損状態の写真を写しておきます。それは責任の割合決定する時に大きな糸口となりますので自らの車や相手方の乗用車の破損箇所を全部証拠に残しておいてください。その状況で目撃者がいたとしたらおまわりさんや保険屋さん辿り着くまで事故の現場にそのまま待ってもらえるようにお願いするのも大切です。